gourmet, hokkaido, travel

人生一番のクロワッサン

オーベルジュビブレでの朝は

大きな窓にひまわりの絨毯を眺めながら朝ごはん。

焼きたてのパンが次々と運ばれてきました

どれも美味しかったのだけど、

一番はクロワッサン。

 

人生で食べたクロワッサンの中で一番、美味しかったなぁ。

忘れられない味。

サクサクと軽い食感の後に、

じゅわっとバターの風味広がって。。もう絶品。

 

 

この日は普通に仕事があったので

足早に始発の飛行機で東京へ。

食べきれないパンは持ち帰りさせてもらいました。

 

 

あっという間の時間すぎて、

一面に広がるひまわりに飛び込んで隠れていたいくらいだったなぁ。。

 

弾丸旅行だったのだけど、沢山チャージできた24時間。

 

 

東京でいつもと変わらない休日を過ごすなら

たまには思い切って飛び出したい。

 

 

大抵は遠くに行けばこれが得られる!って明確な何かがあるわけではないのだけど

ネジを緩めて新しい世界に足を踏み入れることは

未来をつくるヒントに出会えます。

 

シドニーでワーホリをしてフレンチトースト専門店ForuCafeをつくり

オーストラリアの朝食文化に影響されてFORU GRANOLAをはじめて

シンガポールでたまたま出会ったドラフトコーヒーFORU COFFEEをスタートして

 

こう書くととんだミーハーみたいなのだけど

 

頭の中にヒントをぎゅぎゅっと詰め込んで

その引き出しからこれかなあれかなと手繰り寄せて

自分たちの世界観に落とし込む。

 

特に飲食関連の仕事であるからこそ

新しいものにも歴史あるものにも敏感に

研ぎ澄まされた情報をひとつひとつ自分のものにしていきたいなぁと思っています。

 

忙しない東京の人混みの中での生活から

空気の綺麗な北海道の地で緑に囲まれてゆるりと過ごす束の間の時間も

とびっきり貴重で明日からまた頑張ろうと思えてくる。

 

 

旅は私にとってヒントの宝庫であり

日々の生活に張りを出すひとつの手段。

 

飛行機で爆睡してる夫の横顔をみながら

美しい写真を見返して

 

来てよかったなぁと思いました。